1.現地送り出し機関(日本語学校)との強いパイプによる一貫性のある教育

渡航回数60回を超える経験から数ある厳選した優秀な送り出し機関と契約を結んでおります。

 

SJC協同組合独自のカリキュラムを組み学習し、入国までの4、5ヶ月の間に受入れ企業様に順応しやすい一貫性のある教育をします。

2.抜群のサポートとフォロー体制

SJC協同組合ではサポートとフォローにも力を入れています。

 

3.試験や日本語のサポート

・2号への移行職種試験が受かるようサポートします。

・日本語検定試験を受けたい実習生のサポートもしております。

 

ご希望・ご要望などある場合は何なりとお申し付けください。柔軟に意見を取り入れ、現地での学習内容にも反映させ、実習生の技術・能力、働きやすい環境作りに努めていきます。

しっかりとした教育を受けた実習生の雇用が3年間の安定した実習期間に繋がります。